GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
コーヒーサーバーピッチィ販売再開です
ドーナツドリッパーのTORCH中林さんが去年開発、販売して
大好評のうちに在庫がなくなったコーヒーガラスサーバー、
「ピッチィ」、販売再開致します。

これまでよりほんの少し(見た目はほぼ変わらないのですが)
大きくなり、600ccまで入ります。

販売価格は2310円(本体価格2200円+5%110円)ですが、
4月1日からは税率が8%に変わりますので2376円になります。

どうぞよろしくお願い致します。

 
コーヒー道具 - -
KONE Filter

KONEの第1世代をだけを買って、第2、第3と進化・改良されていき
ましたが、2と3は使っていませんでしたが、ようやく第3世代といわれる
3rdを買いました。(写真左)



メッシュの違いは、下記の通りです。
上が3rd、下が1stです。(2ndは使ったことがありません)

スマトラのフルシティあたりの焙煎のもので抽出しました。
味のスッキリ感はよりメッシュの細かい3rdのほうが心地
よかったですが、風味の出かたは両者甲乙つけがたく、
第一回目では個人的には1stのほうが味の輪郭がよく
わかり、よかったかなと思います。

また回を重ねて比較してみたいと思いました。

       KONE Filter 3rd





      KONE Filter 1st



        CHEMEXにセットした状態




 
コーヒー道具 - -
coffee server pitchii ピッチィが11日から販売されます
ドーナツドリッパーのTORCHがコーヒーサーバーをつくりました。

名前はcoffee server pitchii「ピッチィ」といいます。

ドーナツドリッパーに合うコーヒーサーバーとして長い年月を
費やしながらTORCHの中林さんがデザインにこだわり、使い
やすいものを生み出しました。

(このサーバーはドーナツドリッパーだけでなくHARIO、KONO、
Karita、Melitaなどほかの抽出器具にも合います)

ガラスには目盛りの数字などはあえて書かれていなくて、
下記のように165ccずつ抽出量がわかるようになっています。 

販売は2月11日からなので、発送も11日からとなります。
ただいま、予約を受け付けております。


販売及び詳細ページは下記のURLです。
   →coffee server pitchii



あえて目盛りをガラスに書いていないですが、下記の通りガラスの形で
量がわかるようになっています。




コーヒー道具 - -
ドーナツドリッパーを使って



上の写真は近所に咲く紫陽花です。

15日にドーナツドリッパーを使ってコーヒーを淹れてみるという
体験の講座をやりました。

元々深煎りしたコーヒーに向いているといわれますが、果たして
どうなのか確認するために深煎りコーヒーのドーナツブレンドを
ドーナツドリッパー、メリタ アロマフィルター、ハリオの3つの比較
で抽出してみました。参加者それぞれの感想を共有します。

フルシティやシティローストのコーヒーも用意して、皆さんに好きな
豆を選んでもらって2度抽出してもらいました。

1つの器具をとことん使って、参加者のそれぞれの体験を共有する
ことで、いろいろなことがみえてきます。


 
コーヒー道具 - -
コーヒーメジャースプーン サクラ
これまではブラックウォールナットのみを販売していましたが
希望が増えてきたサクラのほうも販売することにしました。

  コーヒーメジャースプーン サクラ
 




ブラックウォールナットと比べてみると、こんなです。

山梨県北杜市のRyuzさんによるものです。
どうぞよろしくお願い致します。



    コーヒーメジャースプーン ブラックウォールナット

コーヒー道具 - -
メリタ アロマフィルター
深煎りではない、中煎や中深煎などの風味や酸味の
よいコーヒーを味わうのに適した器具としてお勧めなのが、
メリタ式のアロマフィルターです。

一般的なメリタ式は穴の位置が器具の底部にありますが
これは、少し高いところにあります。

その為、コーヒー液が落ち始めるまで少しだけ器具内に
ホールドされるため、そのせいか確かにアロマがたって
風味よく、コクのバランスもよいおいしいコーヒーとなります。

使い方もシンプルです。
メリタ方式で、高めの温度の湯を目盛りのところまで一気に
注ぎ、落ちきるまで待つだけです。


メリタのホームページにある説明を引用しますと

「穴の位置が少し高いので、抽出前にコーヒーを蒸らし、
深くアロマを引き出します」


とあります。

シティ〜フルシティのよい素材のコーヒーには、この器具を
使ってみてください。円錐形のコーノやハリオに比べると
誰でも簡単に使える、優れたドリッパーだと思っています。

※深煎りやフレンチロースト位まで煎りこんだコーヒーには
KONOやドーナツドリッパーがやっぱり向いているかなと
思います。

ウェブショップでも販売しています。

  →メリタ アロマフィルター  AF-M 1×1/   1人 用    490円
  →メリタ アロマフィルター AF-M 1×2 /  1〜2人用 585円
 

 
コーヒー道具 - -
Bodumのグラインダー
ずっと買おうと思っていたbodum/ボダムのコーヒーグラインダー 
BISTROの取り扱いを始めました。

希望していたホワイトが品切れ中ですので、RED/赤かBLACK/黒を
販売します。

講座でも、今後使って頂けます。
まだミルをお持ちでない方に、普段使いのグラインダーとして
提案したいと思っています。

コニカル刃でエスプレッソ用の極細挽から、ペーパードリップ
の中挽(たぶん粗挽も)までいい感じに仕事をしてくれます。

この価格(12,600円)でこのパフォーマンス性はよいと思います。

◎グラウベルのネットショップでも購入できるようになりました。

  →ご購入はこちらから


1万円前後ではブルーノバッソグラインダーもありますが、
ボタンを押し続けていないといけないのでちょっと手間がかかる
かなと思っていて、デロンギのエスプレッソにも挽けるグラインダー
は17,800円と少し高いのと豆のホルダーが途中で少しずつ飛び
出してくるのが気になっていたのでボダムのグラインダーに期待
です。

講座ではこれまでのみるっ子、ナイスカットミル3台、手廻しでは
ポーレックス、ポーレックスミニ、プジョー、ザッセンハウスの使い
心地を試して頂けます。
コーヒー道具 - -
自転車とコーヒー
友人に教えてもらったCASA BURUTUSの最新号でみたコーヒーに
ついてのページの中に出てきた西海岸の店で一番印象に残ったのは
BICYCLE COFFEEでした。自転車を手づくりするようにコーヒーも
焙煎機からドリッパーまでハンドメイドに拘っている彼らの姿勢がとても
印象的で魅力的でした。

その翌日(昨日のこと)に講座の最終回があって、受講者の中のお一人
が、自転車屋さんでメッセンジャーバックなどを作っている方だとその時
にわかりました。そうしたら隣りにいらした方も自転車のりであることが
わかり、何ともマニアックなその話題で盛り上がりました。なんて楽しい
偶然。

たまたまその時の参加者の方はものづくりをされている方で占めました。
(パンの勉強をされている方、カフェを経営されている方もいらしたので)

ものづくりが天職、というタイプの方は、皆さん焙煎にも大変興味を持たれ
るということがわかりました。(もちろん全員ではないですが)

煎り上手を皆さん買われ(これもまた珍しいことです)、仕事場や家でも
焙煎を楽しもう、という気概にあふれていました。

ハンドローストはもっとも原始的な焙煎方法ですが、これで経験をどんどん
積んでいけば、いろんなことが体験として理解できるはずだと思っています。
家で、会社でもっとコーヒーを楽しんでいただけたらいいなと思います。



コーヒー道具 - -
コーヒーカップの修繕
このカップは下北沢にある時々覗く質のよいヴィンテージの
ものを扱うお店で最近買いました。

デンマークの70年代のもの。BR窯とありました。
有名な窯元なんでしょうか。ちょっと日本ぽいですね。

買ってまだ日が浅いというのに、カップの端を欠けさせて
しまいました。

金継ぎいしたいものが幾つかありましたが、このカップが欠けて
本気で修繕したいと思いました。

10年前くらいに一通り道具を揃えて金継ぎをやっていた時期
がほんの少しありましたが、自分には向かない作業でした。
その頃上北沢まで陶芸を習いにいっていて、作陶のほうが
楽しいと感じたので余計にそう思ったのかもしれません。

でも目の前にお気に入りの器が欠けていると、使えるように
甦らせられたらと思うようになりました。

下北沢の先生のところは生徒で満員のようなので、その弟子
の友達に連絡をとってみよう。




一緒に買ったミルクピッチャーもとても素敵なんです。

 楽しかったOne day GLAUBELLから早一週間。
7日からはじまるイベントに焙煎で協力させて頂く2週間。
3月もきっとあっという間です。
コーヒー道具 - -
AeroPress専用のペーパーフィルター
ネットショップで販売中です。
350枚入りで840円です。(会員価格は800円)
配送はクロネコヤマトメール便を使い160円です。
※3個以上はゆうパック(関東圏400円)、その他エリアはレターパックで500円となります。

  →AeroPress専用/ペーパーフィルター

コーヒー道具 - -
<< | 2/4 | >>