GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
トルコの伝統的な「語る文化」

1時間半のフライト。機内に届いたばかりのコーヒーの冊子を

持参した。

 

カフェ文化のルーツ、トルコでは世界無形文化遺産に登録されている

ものの中に「ソフベット」(団欒・談笑)があるそうだ。

コーヒーを飲みながら、

 

(抜粋)

例えば一つの話題をもとに社会情勢の話をしたり、とんち話を

して、相手の興味が尽きないように話をいろいろな方向に繋げていく

談笑の仕方です。そこでは教養やユーモアのセンスが問われることに

なります。

(ここまで)

 

(「Coffee Bresk vol.89」全日本コーヒー協会 より抜粋

コーヒーと世界遺産 10

「イスタンブールで生まれ、育まれたコーヒー文化

イスタンブール歴史地域」

文 牧野容子 監修 ヤマンラール水野美奈子)

 

たったコーヒー一杯で周りの人と長いこと談笑し続けることができる

場が昔からあるだなんて。

 

それを読んだときに、グラウベルコーヒーでも時々こんな場面が展開

されているではなないかと思った。

もちろんそうでないときも多いが、知らない人どうしが、

コーヒーを介して、話が人がつながっていくときがある。

そんな光景はとてもまぶしい。

一人寛ぎながら飲む一杯も代えがたい時間。

 

カフェ文化のルーツのトルコにもいつかはいくことはあるだろうか。

コーヒーが根付いていった異国の文化にとても興味がある。

コーヒーの「今」も面白いけれど、それ以上に国による飲用の歴史や

文化的側面を知りたい気持ちがつよい。

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー - -
<< NEW | TOP | OLD>>