GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
コーヒーのあるシネマ
もう3月のことになるが、銀座のエルメス Le Studioで毎月映画が
上映されているのだけれど、『ジャック・ドゥミの少年期』をみに
いった。監督はアニエス・ヴァルダ。ドゥミの奥様だ。

この映画の舞台は1930年代のフランス西部、大西洋に面した港町
ナント。(ナントは「ローラ」などのドゥミの映画の舞台になっている)
自動車修理工の父と髪結いの母と共に暮らす小さな家でのシーンで
壁掛けの手挽きのコーヒーミルがあった。それほど裕福とも思えない
ジャック少年の(小さい頃はジャコと呼ばれていた)家では淹れる
コーヒーは豆から挽いているのだ。これは画期的ではないのか?!
なかなか素敵なミルだったなあ。

コーヒーの麻袋がでてくる場面もあった。ナントは港町だから
コーヒーが産地から運ばれる港だったのだろうか?と思った。
昔のフランスでは港町がコーヒーの文化が高かったのかな。
映画をみる暗闇の中で、独り興奮していました。

長い映画ですが、ドゥミの映画の映像も要所要所に挟まれてくるから、
ファンだったらお勧めです。

movie - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>