GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
コーヒーに関係ない話 コルマール
昨夜、録画しておいた「世界ふれあい街歩き」の
「コルマール〜フランス〜」を観ました。
勝手に魂のふるさとと思っているアルザスの街です。


番組はときどき退屈なところもあるけれど(笑)
(番組制作の方すみません!)コルマールの街並みを
見ているだけで、2013年の夏に行った時のことが思い
出されて再訪した気分に。本当に印象深い街でした。

マルク・テンペのビオワインに出会ったのもこの街、
古い中世からのホテルで怖い思いもしたし笑


それも含めてよい思い出です。

Colmar  コルマール(番組のデータより)
ストラスブールの南に70km。ドイツとの国境に位置する
フランスの北東部のアルザス地方の街。かつては戦争によって
ドイツ領になったり、フランス領になったりと、両国間の
歴史に翻弄されて来た。人口は6万7千、年間300万人の
旅人が訪れる。ストラスブールに比べるとかなり小さい街なので
徒歩でどこでもまわるのが特徴。街の南側の運河沿いには
プティット・ヴニースと呼ばれる、まるでおとぎの国のような
かわいらしい景観のスポットがある。


街なかには、この街出身の芸術家、バルトルディの作品が
幾つもあり、芸術に触れられる。

かつて神聖ローマ帝国の自由都市として栄えた街。
旧市街には奇跡的に戦火を逃れた美しい中世の建物が残されて
いる。
美しい木組みの家、コロンバージュという中世の木造建築が
残っていて美しい街並。街にはアルザス地方独特の文化も色濃く
残っている。

ライン川の上流に位置するコルマールは、13世紀頃から水路を
利用したワイン交易が盛んで、アルザスワインの首都とも呼ばれ
ていた。



以上

・・・・・・・・・・・・・

街にはコウノトリのお土産物をよく目にします。
コウノトリはアルザス地方のシンボルのような存在だそうです。
シャンパーニュ地方のランスからコルマールに向かう高速道路の
サービスエリアでもホンモノのコウノトリを何匹も見かけました。



アルザスといえば、お菓子のクグロフ、ピザのようなタルト・フランベ、
シュークルート、リースリングワインで煮込むベック・オフという
アルザス陶器の土鍋にマリネした3種の肉とじゃがいも、ワインを
入れてオーブンで重ね焼きというか煮込んだ料理など、この地方特有の
郷土料理があります。アルザスでよく見かける形のワイングラスに
注がれたアルザスワインがあれば、もう大満足ですね。







ウンターリンデン美術館の「イーゼンハイムの祭壇画」や、
ニューヨークの自由の女神の作者として知られるバルトルディ
の美術館や街にある美術品なども見たりしながら街歩きを
楽しめます。

すみません、ついついコルマールについて熱くなってしまいました!
フランスのこと - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>