GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
続・パリでのひとコマ
今回は、パリの街並を目に留めておこうと思って、普段なら
メトロで移動している比較的長い距離をできるだけ歩きました。

ようやくパリの名物書店、SHAKESPEARE AND COMPANY
に行きました。
エスカルゴ状のパリの地図からいうとセーヌ右岸の上の方から
かなり歩いてここにたどり着きました。

2階の古びたソファで、そこにいる観光客が皆しているように、
私も本棚の古書を手に取って、英語だったので内容はよくわから
ないけれど、読書した雰囲気に浸りました。1Fの英語の新書は
いろいろなカテゴリーに分かれていてたくさんの人々が本を選んで
いました。



ちょうど糸井さんが前日訪ねたGALERIE VIVIENNEに足を
伸ばしました。ここは2区にある有名なパッサージュです。
歴史的建造物に登録されています



下の写真はギャルリー・ヴィヴィエンヌの中にあるかわいい小物が
いっぱいの雑貨店aBis。
「糸井さんが昨日ここにきて撮った写真がほぼ日にUPされていました
よ」、と店主の女性に伝えると、PCでそのページを教えて、と
いうのでそのページを教えてあげたら、ビックリして喜んでいました。
(その写真はこのほぼ日「しゃちょー漫遊記」リンクの一番下にあります)
糸井さんのことを「若い頃のアラン・ドロンに似ているわ」と
言っていました。糸井さんはいい男だったってことですね(笑)



お昼は節約モードで14 Rue de la Banque(“銀行通り”とでも読むの
でしょうか。官公庁的な施設や銀行が多い通りでした)
にあった
LIzaというレバノン料理のファストフード的な方のお店でこれを
食べました。(ここの隣はレストラン。一人だったから気軽な
ほうで簡単に済ませました)
太いソーセージとズッキーニやトマトを薄い皮でくるっと巻いて
います。おいしかったです!

フランスのこと - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>