GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アルトゥール&サブリナ『バラとひまわり』@ブラジル大使館


11日(金)アルトゥール&サブリナの『バラとひまわり』CD発売記念レセプション
があり、ブラジル大使館に行きました。
カフェヴィヴィモン・ディモンシュの堀内隆志さんが初プロデュースした記念すべきCD。
この日の司会の一人をつとめられました。

とても20歳とは思えない素晴らしい音楽的感性を持ったアルトゥールと
透明感と情感豊かに歌い上げるサブリナ。

数年前の代々木公園でのブラジルフェスティバルでふたりに初めて出会った
堀内さんは、ディモンシュやほかの場所でライブをしながら、いつか彼らの
いい音楽がもっとたくさんの人達に聴いてもらえるよう考えていて、今回の
CDという形になりました。  >>>CDの経緯やレコーディングの様子

CDジャケットはイラストレーター・福田利之さん。ほぼ日の「かっぱとうさぎの
コーヒーばなし」が面白く、先日フィンランドで個展を開いた気鋭のアーティスト。
とてもキュートです!

 

△アルトゥール(左)とサブリナ(右)

試聴はコチラから

グラウベルでも販売しています。  >>>詳細

これらの曲を聴いて浮かんだのは・・・

  “夏の昼下がり、冷えたビールをテラスで飲みながらリラックスしたひと時”
   
   最高にごきげんなイメージです!

『バラとひまわり』 アルトゥール & サブリナ。
2310円(税込) 発売・販売元:Rambling RECORDS

01,時というもの
02,ベール
03,聖ロンギヌス
04,ヴァタパー
05,ふさわしくない人
06,サンパ
07,バラとひまわり
08,綱渡り芸人
09,江戸
10,もう君はいない
11,月の散歩
12,チューリッヒ
13,慎ましい人々

----------------------------------------------
中でもお気に入りは 04,ヴァタパー。
残念ながら試聴では聴けませんが、
ブラジルのバイーア州の家庭料理の
名前がタイトルについています。

折りしも先日堀内さんをお誘いしたブラジル
バイーア州シャパーダディアマンティーナ地区
のスペシャルティコーヒーのカッピングで、
バイーア州についてあれこれと聞いたばかりなので
特にこの曲は印象的でした。

。。。。。。。。。

ヴァタパー

ヴァタパーが食べたければ
作るのがいいよ
まずとうもろこしの粉
それに デンデヤシ
そしたら混ぜ方を心得ている
バイーアの黒人女を探しなよ
・・・・・・・・

(あとはCDでどうぞ!)

対訳:荒井めぐみさん

Music - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>