GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
Season's Greetings


クリスマスブレンドの発送がピークを迎えています。
ご注文もまだ大丈夫です。
クリスマスブレンドは年内で販売終了します。
この機会にぜひ飲んで頂きたいと思います。
Roast - -
手廻しロースターでの焙煎体験
久しぶりに手廻ロースターの体験講座をしました。
講師は内田牧さん。

時間の関係で大勢ではできないので、この日は
2名参加しました。
 



生豆は最大350g位までがうまく焙煎できる量になります。

ドラムがパンチング(穴がいっぱいあいてあるもの)されて
いるものもありますが、内田さんのは直接火があたらない
ものです。

手網焙煎のデモ、この焙煎機でのデモをやってくださり
参加者の実践、と続きました。

できあがった豆をカッピングとペーパーフィルターでの
ドリップをして味を確認しました。

Roast - -
焙煎機体験ワークショップ

 昨日はcafe obscura主催・企画で、富士珈機・新製品小型焙煎機「DISCOVERY」で、
6人(女性5・男性1)に焙煎体験して頂いた。店内に不思議とマッチした機器。
私は様々なアドバイスをしつつサポーターの役割です。


用意した生豆はメキシコ、コロンビア、タンザニアの3種。メキシコ以外はスペシャルティ
コーヒー。でも選んだのは
メキシコ 3名
タンザニア 2名
コロンビア 1名 

250gマックスの焙煎機に200gの生豆を投入。煎りあがりは160g程度。

ペアを組み、互いの焙煎プロファイル(投入温度、最下部=ボトム温度と時間、中点の
確認、一分毎の温度上昇、1CR、2CRの時間と温度、釜だし温度と時間。ここでの温度は
豆の温度変化)を記録していきます。その後に簡略したカッピング(焙煎度合いがまちまち
なのとカッピングを経験した人が少ないので)とペーパードリップによる抽出。
オブスキュラ特製のクッキーも最後に出して頂きました。


ディスカバリーは半熱風で生豆200gまで焙煎できます。
フジローヤルの5kgや10kgなどの大型焙煎機のミニチュア版の位置づけだそうなので
パフォーマンス性はわるくないといえます。
発売は来年早々。
豆売り専門の場合などはキャパが小さすぎるけれど、小さな喫茶店で自前でローストして
コーヒーを提供したいとか、焙煎のトレーニングにはもってこいだと思います。

7月のリトリートのときも、参加者がスペシャルティコーヒーを焙煎して、一定の手ごたえを
感じていましたので、小さいのを購入したい方にお勧めです。

お問い合わせは、、、下の写真のイケメン?小川さんへどうぞ。

株式会社富士珈機 東京支店 
小川 英久さん

東京都足立区梅田6-25-8
 TEL03-5845-5307 
 FAX03-5845-5309
  E-MAIL:ogawa@fujikouki.jp
  http://www.fujiko-ki.co.jp


Roast - -
| 1/1 |