GLAUBELLCOFFEE/グラウベルコーヒーの日記です。
最新コーヒー情報、コーヒーの楽しみ方を伝えたいです。
春の風


先日、仕事が終わったあと札幌から東京に就職された
知り合いの方と食事することとなり、日本橋に行きました。

夜の日本橋行ったのは初めてのことですが、
ちょうど桜の開花に合わせて桜色のイルミネーションが
建物を照らし、とても美しかったです。
日々 - -
8月になりました
 先日の台風が過ぎてからというもの、ちょっと暑さが和らいだ関東地方。
また暑さがぶり返すのでしょうか。

日が暮れる頃には夕涼みもできるようになりました。

新しいコーヒーが明日以降とどきます。
テストロースト出来次第、販売して行きたいと思います。

メキシコはもう届いて何度かローストしていますが、いいポイントが
わかりつつあります。

メキシコ オアハカ プルマイダルゴ ティピカ
ケニア ギチャサイニ・ファクトリー
ウガンダ マウントエルゴン

もう少しありますが、様子を見てUPします。

写真のコーヒーカップはイイホシユミコさん作。
気に入ったので、新しい月のスタートにTOPページに使いました。

■夏休みのお知らせです

8月20日~30日までお休みを頂きます。
この間の発送は致しませんが、メールでのご注文は受け付けております。
【ご注文内容】のご確認や発送は31日以降となります。

どうぞよろしくお願い致します。

日々 - -
最近のこと
昨日は新たにグラウベルのコーヒーが飲めるお店ができるので
その準備に少し遠出をして来ました。(関東ですが)

コーヒーについては何もないところからはじめる方達なので、
抽出器具からコーヒーカップ等までこちらで提案することになり
ました。基本はコーヒーとハーブティ。

こちらのお店は本業のコンセプトが大変すばらしい志なので
コーヒーも多くのお客様に飲んで頂けたらいいなと思っています。

日々 - -
思えば
 
昔、小学校くらいまでは特に夜中に一人でトイレに行けない、怖がりでした。
今でもちょっとお化けの出そうな場所に行くとこわくなってしまいます。
目に見えないものを過度に恐れるタイプです(笑)

でも今回の311以来、震災のあまりにも大きすぎた傷跡、福島第一原発の
事故の
未だ終わらない不安等、今後私たち日本人が抱え、立ち向かう
諸々の出来事を
目の前にした今、ユウレイのようなおばけを怖いと言っている
気持ちは、どこかに
吹っ飛んで行ってしまった感じです。まったくそういう怖さが
消えたというわけじゃなく、
そんな小さな恐れをあっさりと超えてしまうような
出来事だったからだと思います。

子供がいるので、子供の未来を守る気持ち。ひいては日本を守る、地球を
守るという
そんな責任が私たち一人一人により深く発生したと思っています。
 
命の尊さを、沢山の方々の死で改めて知りました。避難所生活やまだライフ
ラインが
不自由な所での生活を余儀なくされている方々を見て、何とか健康で
ご飯も食べられて、
寝る場所もある私たちは、いつもの日常の暮らしが
何て有難いことなのかを思い知りました。
細々ながら仕事もあります。
せっかく生かされているのだから、せめて命ある間は、この世の中に住む人々に
いつも
笑顔の灯がともるように、人々と物事により誠実に接していこうと思いました。

何ができるか、私の場合それは案外目の前にあることなのかもしれません


 ▼古い写真ばかりですが、メキシコ、グァテマラの国境近くバツィル・マヤという
    キリスト教系の生産者組合があるチロン。コーヒー畑からの帰り道の風景




◎4月からの講座は予定通り実施します。

3月分の講座はすべて延期しましたが、
明日には皆さんに日程のご提案を致します。
どうぞよろしくお願い致します。

日々 - -
日常へもどるこころがけ
 原発の大問題が長期化することになるので、ここ東京もまだ先行き
不安なところもありますが、ここ数日で、少しずつ日常に戻れる気持ち
と気合いが出てきました。でも時々後退しそうになることもあります。
人間ですから。

仙台のコーヒーを卸しているお店も数日前から営業を再開することが
できたり、ほかの都内のお店もいつもと変わらない注文の間隔になって
きて、日常への復帰を感じています。

一般のお客様はグラウベルが変わらずにやっていることを知り、
とてもホッとしたとたくさんの方に言ってもらえて、私が仕事を日々
やれていることに感謝しています。

喉元過ぎれば暑さ忘れる、という日常の取り戻し方ではなく、
色んな改善を意識して日常を取り戻して行くことを心がけいくつもりです。



日々 - -
日々

 未曾有の震災が起こってから11日経ちました。
被災地には少しずつ物資が届けられていますが、行方不明者の
捜索もまだまだのようです。被災生活の大変さは想像以上だと
思いますが、日本中の皆の力が結集し、どんどん復旧へと
向かっていってほしいと心から願っています。

※釜石市大平町で被災した親戚によると、自宅で過ごしているが、
近くの避難所の1つで自衛隊による食べ物や飲み水の支給を受け
有難いと言っていましたが、ライフラインのうち水道とガスがまだで、
お風呂に入れない、トイレの水が流せない等、困っています。

避難所には小さな赤ちゃん、子供もいると聞いたので、親戚への
荷物の中に以下を入れて送り出しました。(注※釜石は各戸の
配達はまだ不可。営業所留め)

清浄綿やウェットティシュ、女性特有の用品、大人の肌着数枚、
赤ちゃん用せんべいやボーロetcです。

福島原発の放射能の問題はまだ解決されていません。
東電、消防庁、自衛隊等の方々が総力を挙げて決死の作業が
行われています。身を省みない姿勢に本当に頭が下がります。

しかしながら成果があったり別な所で不具合が生じたりと、
一進一退の予断を許さない状況が続いています。
まだまだ不透明感があるのをぬぐえない中、私の周りの方々は
それぞれの持ち場で一生懸命に暮らし、仕事をしています。

放射能のことは、これほど人体や日常生活に影響や被害を被る
ものになるとは想像していませんでした。

これから地球に生きていく子供たちや今を生きていく私たちにとって
原発の在り方は今回の事故をきっかけとして見直す時です。
同時に私たちも電気の使用を減らし、ガソリンなどのエネルギーも
節約していくことを既に始めていますが、皆の力を合わせ、総力で
取り組んでいかなくてはならないと思います。
とにかくすぐにできることはどんどん始めて行きます。
もう後もどりはなしです。前に進むだけです。

今でもコーヒーを焙煎をやれていることに感謝しつつ、自分自身も
どうコーヒーと共にある暮らしを創造するか、もっと真剣に考えて
行きたいです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回、被災されたご縁のある方にコーヒーを送りはじめました。
今まで配送不可能で送れなかったのですが、数日で少しずつ
復旧していきました。

その主役はどういうわけかメキシコ マヤビニックです。
いつも定期便をお送りしている方の被災されたご両親が東京に
避難されていて、このメキシコを淹れたらとてもおいしいと喜んで
くれたとうれしいメールがありました。メキシコの定期便もプラスして
お送りさせて頂いています。

釜石で被災して一昨日電気だけ開通した親戚にも今日メキシコを
送りました。(釜石は営業所留めですが)茨城で被災されたお客様
にもメキシコを送りました。
唯一自分が訪れた産地のコーヒーです。日頃からガスも水道なく、
電気も一部しかない、という所に住むマヤの末裔の人たちが作る
コーヒーです。そんなコーヒーが明日への活力の一部となれば
嬉しいです。


     ▼メキシコ マヤビニック生産組合倉庫/アクテアル・チアパス州


日々 - -
おはようございます
 この時期、自分にできることは何だろう、と自問自答して
皆さんの良心にしたがって行動していると思います。

メールで「一杯のコーヒーでホッとすることができた」、とか
コーヒーをお送りしているお店から、「皆さんこんなときこそ
コーヒーが飲みたいといって、来て下さるんですよ!」と聞き
コーヒーがささやかでもそういう力をもたらすならば大変
有難いです。

被災した方々には今は届けることはできないのが残念ですが
被災した方々が一日でも早くいつも通りの暮らしができ元気に
なりますように。

日本に平穏な日々が戻るよう、仕事をしていきたいと思います。

グラウベルでは今ご注文頂いている方々の売上の一部と個人
的な支援として、日頃東ティモールの生豆を買わせて頂いて、
ご縁のあるピースウィンズ・ジャパンを通じて寄付をさせて頂き
ます。ピースウィンズジャパンは緊急支援のプロです。
※寄付はこれに限らず、様々な選択肢がもちろんあります。
日々 - -
健康は有難いですね

珍しく長く風邪をひいてしまいました。
ほぼ元に戻りましたが日頃の健康でいられることは何て有難いこと
なんだろう!と思うことが出来ました。

こんな時は、色々なことと考えてしまいます(笑)。
焙煎人としてこれでいいのだろうかとか、自分のやっていることは
果たしてこのままでいいのだろうか、などなど、元気な時は通過して
いくことがひっかかってきます。

考える機会を与えられるということは、幸せなことなんだなと思えました。

自分の方向性はこれで間違っていないのか、コーヒーの為にどう
進んで行こうかと考えている時にある同業者の方から頂いたメールが
とても励みになりました。その方にとっては偶々出したタイミングが、
私にとってはストライクでした(笑)
人は何かと人に支えられながら生きているものなんですね!

とにかくコーヒーの楽しさや魅力を今後も伝え続けていくことに変わり
はありません!

風邪の時に何度も作って元気をもらったレシピがあります。
カノウユミコさんの新刊の「野菜がおいしくなるサラダデリ」の1つです。
ご本人が作ったのを戴き感動し、御茶ノ水GAIAでの出版記念パーティの
時にまた頂き、その後自分で4回も作ったレシピ。本は改めて紹介します!
日々 - -
あけましておめでとうございます

 今年もよろしくお願い致します。
みなさんにとり充実した1年となりますことをお祈りしています。

年末に焙煎機が故障してしまい、焦燥感で一杯でしたが、何とか解決の
兆しです。お客様にご迷惑をかけることなく新年の発送ができそうです。

卸分に関しては、ある方のご好意で穴をあけずに済みました。深謝です。

.......................................................

◎1月16日の講座(単発)は定員になりました。

週末は応募がオーバーしましたので追加で講座をします。

追加日程: 1月30日(土)10時〜12時 >>詳細


            ▼旭山動物園のアムールタイガー

            ▼旭山動物園の冬限定の名物、ペンギンの散歩

故郷の札幌に冬では7年ぶり位に。全国的に有名になった旭山動物園に行き
ました。完璧に防寒したつもりでしたが、足の裏が凍りつきそうでした。
(この日はマイナス8度)足の裏にもホカロン貼って、凌ぎました。動物を至近で
見ることができました。全国から人が集まり、特に大人が子供の様にはしゃいで
いるのが印象的でした。

観光で人を集めるのが大変な旭川ですが、旭山動物園だけは別格のようです。

日々 - -
朝ごはん&『COFFEE & MUSIC』

 
気分的にスローに始まった雨の朝。
おいしい組み合わせでした。

ameen's oven のパン・オ・カカオとタンザニア ブルカ農園AA/シティローストを
プレスで抽出。

ameen's ovenのこのパンは初のカカオパンだそう。ピュアなカカオマスとコーヒー豆を
使い、レモンピールと甜菜糖のほんのり甘さのビターなパン。コーヒーにもよく合います。

鎌倉のcafe vivement dimancheの15周年CDを試聴させてもらいました。
堀内マスターがコーヒーにまつわる曲のみ12曲を選び、ブラジル人ミュージシャンが
サンパウロで録音したアルバム『COFFEE & MUSIC』。

 >>>『COFFEE & MUSIC』 専用ブログ

23日に発売ですが、なんと、10月14日〜16日のSCAJ2009の、株式会社セラード
コーヒーのブース(ブースNO.55)でCDの曲が流れ、紹介、販売もされるそうです。
堀内さんも、いずれかの日に来場する予定なので、コーヒーファンにはうれしい情報です。
(私も16日のエスプレッソブレンド・チャンピオンシップに13時から出場します)

コーヒーミュージックだけでこんな素敵なCDを企画して実現してしまう堀内さんて、いい
ですね。

昨日訪れたディモンシュでそんな話を堀内さんとしていると「“enjoy coffee!”ですよね」
ってニコニコしながら言っていました。少年のようなキラキラした堀内さんの瞳が印象的でした。

日々 - -
| 1/2 | >>